令和三年大雨被害について(第二報)&緊急事態宣言に伴う対応について

 瀧養蜂場 共同経営者の瀧悠一です。いつも瀧養蜂場をご覧頂きまして、ありがとうございます。
 先日の投稿に引き続きまして、8月に入ってからの悪天候が追加となりましたので追加でご報告いたします。また、緊急事態宣言に伴う対応についてお知らせいたします。

・緊急事態宣言・蔓延防止等重点措置について

 静岡県にも蔓延防止等重点措置が出された後、本月20日より緊急事態宣言が発出されました。富士市においても連日30人から40人程度の新型コロナウイルス感染症の新規陽性者が確認されております。(本記事執筆時:8月21日早朝現在)
 現段階では「セルフロックダウン」が推奨されており、瀧養蜂場の配達範囲は市内に限らないため、また、当月実施予定だった養蜂協会の会合等も中止、まちづくりセンター(※公民館のこと)も一般貸館業務も中止となっているという状況を鑑み、当面の間(少なくとも緊急事態宣言発出中)は瀧養蜂場の業務を一時停止することとしました。

 一時停止する業務については以下の通りです。
・はちみつの配達/発送業務 →採取した蜂蜜については一時保管
・電話応対 →販売状況の確認等のお電話が多いため。どうしてもお返事の必要な連絡の場合は留守番電話に録音して頂くか、名刺をお持ちの方は記載の携帯電話番号へお願いします。

 はちみつの配達については大雨被害についての項目(下記)もご覧ください。

・令和三年大雨被害について(第二報)

 続きまして、令和三年の大雨被害についての続報です。
 7月の大雨被害についてですが、ひとまず加工場の一部損壊程度、みつばちが1群絶えてしまった程度で何とか済みました。その他の機材についての被害はありません。(近くで850mm近い累加雨量があったのに、よく被害がこれで済んだものだと驚いています)

 さて、8月に入ってからの長雨についてですが、こちらは現段階では建物や施設への被害は発生しておりません。修理しようとしていた加工場のドアが更に深刻な被害を受けている程度です。
 ミツバチの状況については執筆中の現段階で、代表が確認のために巡回検査中。ずっと雨続きだったため、蜜切れによる餓死を心配しております。

 このような状況のため、また、先に挙げた通り緊急事態宣言の発出もありまして、現段階で蜂蜜の販売は目途がまったく立たない状況となっております。
 採取出来て、販売店へ配達する場合であっても、しばらくは様子見を予定しています。(配達することが出来るようになりましたら、こちらできちんとお知らせいたします)

 皆様よりたくさんのご要望を頂いておりますが、天候の不良、何より感染症の蔓延防止の観点から、しばらくは上記の対応となります。お取引先様をはじめ、皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

令和3年大雨被害について

 瀧養蜂場 共同経営者の瀧悠一です。いつも瀧養蜂場をご覧頂きまして、ありがとうございます。
 さて、表題の件についてお知らせします。

 本年7月初頭に、静岡・神奈川・千葉を襲った大雨について、被害状況が見えてきました。家族が入院・手術したタイミングだったこともあり、また、その後も雨が続いており、状況確認がすべて済んでおりませんが、現在分かっている範囲の状況について、お知らせします。
※在庫についてお問い合わせのメール・電話等を頂いておりますが、現在回答できる状況にありません。ご了承ください。

物理的被害について

 現在確認済みの物理的被害はそこまでではないようです。ひとまず加工場の扉が大雨に叩かれて中破しております。
 ドアとしての機能は果たしておりますが、散々雨が打ち付けたために表面の処理が潰れ、開かない(乾くとなんとか開く)というユニークな状況です。建物内と、施設に関しては今のところ被害はないようです。乾かした後、戸を一度取り外し、板を剥がして防腐処理をし、新しい板を打ち付ければ……多分、大丈夫かと。(コロも修繕が必要かもしれませんが、日曜大工程度で何とかなりそうです)

 ミツバチ設置場所付近の被害は、目立つような被害はないようです。但し、すべて確認した訳ではないので現在の報告は暫定です。(直近の降雨量観測点のデータは、累加雨量※1 は550mm超でした。さらに上流側では800mm超を記録しています 静岡県公式ホームページの大雨情報のページ、第14報のPDFにある「富士市大渕」が瀧養蜂場の上流側になります)
 富士市・沼津市の低地は冠水・浸水の被害が出ており、瀧養蜂場の活動エリアも含まれておりますが、低地にはミツバチの箱を置いていませんでしたので、そちらの被害はありませんでした。加工場も浸水被害はありません。(ただ、管理地のひとつにアクセスできるか心配です。古い小さな石橋が架かっているのですが、大雨で流されかねないので……)

※1 累加雨量:降り始めからの雨量の加算、6時間降雨が無いとリセットされる

ミツバチ被害について

 こちらは割と深刻かもしれません。十日間ほど雨続きで(今日はなんとか曇り程度ですが)、餓死群が出ました。集蜜期なので給餌するわけにもいかず、たとえ給餌するにしても雨続きで箱を開けることも出来なかったため、どうすることも出来ませんでした。

 昨年も7月に長雨(1か月の雨)が続き、大惨事になりました。もし、このまま雨がさらに降り続いた場合、被害拡大が予想されます。弱い群については給餌して維持することも考えています。(但し、給餌した群からは採蜜出来ないので、かなり判断に迷いがあります……)

はちみつの出荷について

 たくさんお問い合わせをいただいております。先日、近所の商店「タカハシ」に少量だけ出荷しましたが、即時完売との報告が入っております。
 採取でき次第、さらに出荷したいと思いますので、もうしばらくお待ちください。コロナウイルス感染症の影響による包材等の仕入れ遅れは解消しましたが、またいつ発生するか分からないため、以下のリストは暫定です。
 今後の出荷スケジュールは(順調に推移すれば)以下の順番です。
・ぱん工房ハイホー(富士岡・瀧養蜂場2件となり、小サイズ取扱)
・大村薬局(中里・根方街道沿い、小・中サイズ取扱)
・はなぱん(沼津市我入道、小・中サイズ取扱)
・タカハシ(富士岡・根方街道富士岡交差点、中・大サイズ取扱)
・産直市いづみの里(今泉・根方街道沿い、今泉農協敷地内、全サイズ取扱)

 なお、ボトルは「原材料の配送遅延による製造遅延」が、ビン類は「製造メーカーの縮小や廃業」が話として挙がっており、当方で使用する包材について、今後トラブルが発生した際は予告なく規格変更を行う可能性が御座います。

 報告は以上となります。
 瀧養蜂場のはちみつをお待ちの皆様には、商品をお届け出来ずご迷惑をお掛けしております。当方も採取や育成について工夫しておりますが、天候には勝てないので、天気の回復までお待ちください。
 なお、ミツバチの育成については本年は「良」です。餓死群は出ましたが、餓死しない群については非常に強いため、今度天気が回復すれば多少の収量は期待出来そうです。昨年が余りにも酷過ぎた、というのが本音ではありますが……。(昨年は収穫ゼロでしたので)

瀧養蜂場は9周年を迎えました。

 瀧養蜂場 共同経営者の瀧悠一です。
 昨日、瀧養蜂場は9周年を迎えました。ここ数年は不作続きで非常に困り果てている状況ですが、現在、今年の蜂蜜収穫に向けて準備を進めています。各ソーシャルメディア等で様々なリアクションを頂いており、はちみつが販売できず心苦しいと同時に、今度こそ、今年こそ、と励みとなっております。

(本当は、9周年について昨日更新したかったのですが……コンピュータが不調で、記事を書こうとするとウェブブラウザが突如動かなくなる、という症状に陥ってしまい、この記事もいつブラウザがハングアップするのかと恐々としながら執筆中です)

 写真は4月7日に撮影したものです。ここに掲載するために撮影したわけではないのですが、状況が分かると思いますので掲載することにしました。
 昨年の今頃はこのような状況にはなく、とにかく蜜蜂を絶やさないようにするので精一杯でした。(そして7月の豪雨・長雨で完全におかしくなってしまいましたが……)
 今年は雨が少なく、暖かい日が比較的多い……というより寒い日が少ないようで、代表が手に持っている巣を見て頂ければわかるように、現段階では「非常に順調」に数が増えております。現在、ミツバチヘギイタダニ対策を行っていますが、それが完了次第、新蜜を取扱店に順次設置する予定です。(※春と秋の恒例行事。ここで欲を出して手を緩めると、あっという間に蜂群が瓦解してしまう)

 準備が完了し、販売を開始しましたら、こちらで順次告知を行って参ります。もう暫くお待ちください。
 今後も瀧養蜂場をよろしくお願い申し上げます。


 ところで、不織布ツナギ(代表が着用しているツナギ)の品薄は解消されたのでしょうか。昨年、コロナやら豚熱(旧称:豚コレラ)、鳥インフルやらで年間を通して入手できず、大穴が開くまで使いまわして何とか凌いでいました。よくテレビで保健所職員が着ている白いディスポのツナギの正体が恐らくこれで、非常に苦労させられました。厚手のビニール手袋のような生地の防護服もありますが、直射日光の下で風の通らない素材の防護服を着用したら熱中症で倒れてしまいます……。

 あと気になるのが気候で、暖かいのは歓迎なのですが、あまり温暖過ぎると大雨が心配になります。昨年の長雨は本当に地獄でした。記憶が正しければ、ほぼ一か月ほど雨続きだったと思います。その後に好天が続いたので何とか今年に繋げる事が出来ましたが、もし雨が多いままだと思うと、ぞっとします。


 更に補足です。
 時々問い合わせを頂く話なのですが、現在、静岡県養蜂協会富士地区支部の支部長は、瀧養蜂場 代表の瀧直己が務めております。また、静岡県養蜂協会富士地区支部の事務局は、私、瀧悠一です。
 静岡県養蜂協会富士地区支部の会員の方は、近日お届けします総会資料に連絡先が記載されておりますので、そちらをご確認下さい。
 それ以外の方で何か御座いましたら、瀧養蜂場の電話番号までお問い合わせください。(迷惑電話防止のため、常時留守番電話となっております。ご用件を録音して頂ければ後程折り返し連絡いたします。FAXについても瀧養蜂場のFAX番号へお願いします)

 富士地区は、富士市と富士宮市(いずれも原則富士川以東)が担当エリアです。県内県外問わず、他地区の飼育者さん等の情報につきましては保安上の都合により我々も知ることが出来ません。他の地域のお話をされても分かりませんのでご了承下さい。
 上位団体である日蜂協についてはこちらをご確認下さい。静岡県養蜂協会については 054-272-8883 まで。※飼育に関する質問等には日蜂協および静岡県養蜂協会ではお答え出来ません。

 また、改正養蜂振興法が平成25年に施行されました。趣味でみつばちを飼育する場合であっても、自治体への飼育届の提出が義務付けられました。詳細はこちら(静岡県ウェブサイト・畜産振興課)
 また、年に一度、みつばち腐そ病検査があります(1箱あたり数十円程度)のでご協力を宜しくお願い致します。また、万が一、腐そ病が発生した際は、ただちに地域の家畜保健所へ届け出を行ってください。

本年の蜂蜜の販売について

 瀧養蜂場 共同経営者の瀧悠一です。
 さて、本年の蜂蜜についてですが、ぎりぎりまで粘ってみましたが……結局ダメでした。収穫量はゼロです。
 代表と話していたのですが、相当おかしな状況になっていることは間違い無い、という感じです。(すべての箱でミツバチの自然分蜂が一度も発生しない、女王の更新すら行われた痕跡がない、という異例の事態)

 気候変動……または異常気象が理由だと思われますが、昨年も今年もひたすら「ひどい」という状況です。地域内でも同様の声が出ておりまして、うちだけが壊滅的という訳では無さそうです。(ちなみに何故か、この時期になってミツバチ達が急に元気になってきました。給餌で元気になるということは、本来なら流蜜期にあるはずの蜜源が壊滅しているという事ではないかと思われます)
 何か対策を、と思うのですが、天候には勝てず……。

 ひとまず、来年に向けて蜜蜂の数を増やすことに注力したいと思います。
 瀧養蜂場の蜂蜜が欲しい、という連絡がたくさん届いており、皆さまにお断りの連絡をするばかりで本当に申し訳なく思っております。来年こそは、と鋭意準備を進めておりますので、翌年度までもう暫くお待ち下さい。

令和2年7月豪雨の影響について

 いつも瀧養蜂場ウェブサイト・Twitter・Facebookページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。共同経営者 瀧悠一より、本年の状況につきましてお知らせいたします。
 まず、告知が遅くなり大変申し訳ございませんでした。メールや電話でのお問い合わせ、そして瀧養蜂場まで直接お越し頂いた方も多く、しかしながら商品を提供出来ないという状況が続いており、現在もそのような状況となっております。

薙ぎ倒された植物
令和2年7月豪雨の被害・強雨と暴風によって完全に薙ぎ倒されてしまったピーマン苗

 まず、ミツバチの被害・はちみつの状況についてお知らせします。
・現在飼育しているミツバチの25%が、長雨による影響を受けて蜂群崩壊(長雨によるエサ不足によって餓死等)
・25%がスムシ(ハチノスツヅリガ)の食害を受けて蜂群半壊、ただいま立て直し中)
・25%が餌不足により活動規模抑制状態のまま(ミツバチの数が増えない)
・残る25%は順調に数を増やしている

 という状況になっております。つまり飼育しているミツバチのうち、75%が当面、採蜜の計画すら立てられないという状況に陥っております。
 豪雨によるその他被害については、加工場のドアが長雨と風で半壊、同じく延々降り続く雨で洗浄・乾燥処理をしていた巣板(ミツバチの箱に差し込む板)が回復不能な程に朽ちてしまい、花粉源として畑で育てている野菜等も育たない上に腐っていくという、どうしようもない状況に陥っています。

 残り25%の蜂群は何故か元気なので、しばらくはそっちの働きを期待したいところですが……とにかく晴れない(7月上旬、3日ないし4日から本日まで、晴れた日は1日か2日しかない、あとはすべて一日のどこかで降雨)という状況で、当然日差しが無く蜜源となる花も咲かない(あるいは咲いても蜜が雨で流れてしまう)ので、現状ではいつ出荷が出来るのか、まったく分からない状況です。

 こういう状況は昨年も同じでしたが、今年は昨年よりさらに酷いかもしれません。
 はちみつが採れ、店頭に並べるタイミングになりましたら改めてお知らせしますが、このまま悪天候が続き、真夏に極端な猛暑となった場合、数量は非常に限られたものになると思われます。
 お待ち頂いている皆様には大変申し訳ありませんが、天候と蜂群の回復まで、もうしばらくお待ちください。

販売開始店舗速報-4

 昨日に引き続き、販売開始店舗のアナウンスです。
 つい先ほどより、沼津市我入道の「はなぱん」で販売を開始しました。店舗情報は取扱店一覧にある通りです。電話番号は 055-931-2080 です。
 商品は入り口近くに設置してありますが、わからない時はお店の方にお尋ね下さい。300gと600gの2種類を設置してあります。

 ひとまず、本日までに4店舗へ設置が完了しました。
 現在の在庫では、これ以上の設置はおそらく困難と思われます。売り切れとなった場合、可能な限り補充はしますが、当方の在庫がなくなり次第、終了となります。ご了承下さい。

販売開始店舗速報-3

 本日ふたつ目の販売開始店舗情報です。
 ちょっとバタバタしていたことと日没後の納品だったため、まだ写真の撮影が出来ていないため、文字情報でお伝えします。

 富士市中里の「大村薬局」様にハチミツを設置いたしました。
 公式ウェブサイトはこちらです。(ウェブサイト作成中の様子です)
 SCUEL(スクエル)による薬局情報はこちらになります。営業時間・電話番号等はこちらで確認してください。

 設置サイズは300g, 600g, 1100gです。駐車場は店舗前に3台、店舗東のT字路を南に曲がり、すぐ左手にも駐車場あり。
 はちみつは入り口の目の前にございます。薬局様で仕入れた別メーカーのはちみつが混在していますので、「ぶんぶんの贈り物 静岡県養蜂協会」の丸シールを目印にお買い求め下さい。

 明日も1店舗、設置を予定しております。設置次第、サイト上で告知いたします。

販売開始店舗速報-2

ぱん工房 ハイホー様 11/05撮影

 前投稿に引き続き、販売開始店舗情報をお知らせします。
 瀧養蜂場の二軒となり、「ぱん工房ハイホー」様にて、ただいまから販売を開始しました。
 住所は 静岡県富士市富士岡1430−1  電話番号は 0545-34-7788 です。
 販売サイズは300g、600gの2種類のみとなります。

販売場所の写真

 設置位置は、出入り口を入って左側、木製の棚の上に置いてあります。
 購入時の注意事項については、こちらをご覧ください。

 追加の販売開始店情報については、販売開始次第改めてお知らせいたします。

販売開始店舗速報-1

タカハシ様にて本日撮影 Processed with Focos

大変お待たせしました。
本日16時、富士市富士岡7ー1 タカハシ様にて販売を開始しました。
電話番号は 0545ー38ー0327 です。日曜日定休、営業時間は午前8時半頃から午後5時頃までです。営業時間外の電話はご遠慮ください。
通常販売価格より2割から3割程度、価格を下げて販売をしております。
先日ご案内した内容を確認の上、お買い求め下さい。

追加の販売店様につきましては、販売開始次第、すみやかに告知いたします。
尚、既にご案内の通り、販売店舗ごとに販売価格が異なります(消費税課税の有無等によります)ので、こちらもご了承ください。

本年の蜂蜜の販売並びにミツバチ育成状況について

 大変お待たせしました。瀧養蜂場 共同経営者 瀧悠一です。
 某検索サイト様から「おしかり」を受けまして、ウェブサイトの接続をHTTPS化(SSL対応)させました。

 さて、7月の投稿で、今年は蜂蜜が採れないと嘆いておりましたが、悪夢が現実のものとなりました。
 本年の採取量はゼロ、確定しました。まさに悪夢です。

 天気と状況について説明します。
 春先から雨と晴れが延々と繰り返されて収穫できず、入梅後も延々と雨が降り続き(代表と「こんなに雨が続いたら、昔なら疫病のひとつやふたつ、発生しかねないだろう」などと言う程に)、そして梅雨明け……と思ったら、酷暑で花が咲かないという事態に。9月から10月に淡い期待をしていたのですが、打ち砕かれる結果となりました。

※注:はちみつの収穫にはちょっとしたルールがあり、瀧養蜂場的では目安として、
 (晴天-(雨天×1.5)>3) で真(true)にならなければ採取しない、というものがあります。
 たとえ晴天が2日あっても、3日目に雨となった場合、4日目が晴天でも採取しない(できない)としています。はちみつはミツバチの食糧で、余剰分を分けて頂いているので、無理な採取はしない(採取すると天候によってはミツバチが餓死してしまう)というものです。採取する場合、絶対に全量を抜き取ったりはしないのですが、それでも万一の天候不順に備えています。

 前回の投稿で3つのパターンを想定していたのですが、いずれもややハズレのパターンになってしまったようです。例えば7月の天気はGooさんが提供してくれていますが、この地域はほぼ雨続き。8月に移動すると、こちらも気温は高いものの晴れたり雨になったりと、もう滅茶苦茶です。9月に入ると雨も少ないのですが、高温の状況が続いています。

 あまりの天気の滅茶苦茶具合で、咲く花もおかしくなってしまっています。例えば、今月に入って紫陽花(アジサイ)の開花を確認しています。また、今年はネムノキの開花を確認していません。育成していたナタネは雨続きで種の収穫も出来ず、花粉源・蜜源の足しにと畑で野菜を育ててみましたが、キュウリとトマトは根腐れを起こして枯れ、オクラは片っ端からすべて鹿に食べられてしまいました。


 そのような状況で、今年は蜂蜜の収穫を断念しました。というよりも、はちみつが巣に溜まりませんでした。給餌を開始しましたので、翌年春まで何も出来ません。ミツバチも数が増えず、苦境に立たされています。

はちみつ保温庫
はちみつ保温庫の製造……というか製作風景。2017年11月撮影

 そこで、窮余の一策ではありますが、ちょっと前にDIYで作ったはちみつ保温庫(写真一番奥)を改良し、温調機のプログラムを変えて、はちみつ融解装置に仕立てました。これで、過去に採取した蜂蜜をゆっくり溶かそう、という考えです。べらぼうに電気代が掛かるという問題以外は、思ったよりもうまく稼動しています。
 昨年までの余剰品(厳密には業者卸し用に保管しておいたロット、しかし使わなくなってしまったもの)で結晶化してしまった蜂蜜を溶かして、まもなく一般向けに供給する予定です。

 この(間に合わせ的な手法による製造)ですが、問題点があります。そのため、通常価格より3割前後(目安・販売店舗様による)価格を下げて提供いたします。以下の点をご了承の上、お買い求め頂ければと思います。

  • 採取から時間経過しているため、賞味期限を短く設定いたします。
  • 採取後、結晶化したものを融解させているため、風味が劣ります。
  • 溶かした影響かは不明ですが、茶色味がやや強いです。
  • 性質上、どうしても結晶化しやすい状態になります。
  • 上記の点から、一部店舗様のみでの販売となります。
  • 在庫終了次第、販売終了となります。
  • 販売予定サイズは、300g・600g・1100gの3種のみです。

 結晶化した蜂蜜の加熱に関する問題は過去に取り上げました(このページはやたらとよく閲覧されているページです……)該当ページでは45度を上限と書いていますが、今回融解させた蜂蜜は、それよりもっと低い温度で時間をかけて、ゆっくり溶かしています。
 瀧養蜂場では通常このように溶かした蜂蜜は販売しないのですが、たくさんの方から販売してほしいとのリクエストを頂いているため、来年採れるまでの「つなぎ」としての応急的な対応とします。

 販売開始タイミングと販売店舗は、当方と販売店様との折衝が出来次第、投稿でお知らせします。

 以上、長くなりましたが宜しくお願い致します。